医療裁判を紹介する当コラムですが、今回は本題を外れて、医療以外の話を取り上げたいと思います。
 私は、これまで高等裁判所や地方裁判所のほか、家庭裁判所でも裁判官を務めてきました。家庭裁判所は夫婦関係や親子関係などの紛争について話し合う「調停」と、それらの紛争に関する訴訟や審判を行うほか、非行のある少年の事件について審判を行います。家庭裁判所の業務として、離婚の調停や裁判がありますが、私が関わってきた中でも、医師の離婚調停は件数が多かった印象があります。また、本人の職業などに関係なく、当事者が離婚の手続きの知識を有しておらず、勘違いをされているケースも見てきました。そこで、この場を借りて、離婚調停・裁判の実情や手続きなどをご紹介できればと思います。

勘違いが多い「離婚調停」の実情の画像

ログインして全文を読む