日経メディカルのロゴ画像

職員の学歴詐称が発覚、院長が取った対応とは

2021/12/22
服部 英治(社会保険労務士法人名南経営)

イラスト:畠中 美幸

 A診療所で勤務しているB子は、2年前、大卒者として中途採用した事務職員だ。大学進学率の上昇に伴って、医療機関の求人に応募する事務職員の中にも大卒者の割合が高まっている。B子もそんな求職者の1人だった。

 あるとき、院長は、休憩時間にスタッフたちが学生時代の話をしているのを耳にした。話の内容は卒業式に関することで、他の職員たちが色々と思い出話をしている中、B子は「大学は中退したので高校の卒業式までしか知らず、それが心残り」というようなことを言っていた。

 不審に思った院長が、採用時にB子から受領した履歴書を見てみると、大学を卒業した旨が書かれていた。実際に大卒でないとなると、問題になるのが賃金だ。A診療所では、採用時の賃金設定において大卒者と高卒者の賃金スタートラインを別に設定しており、大学中退の場合には高卒者の賃金を適用している。もしB子が大学を卒業していないのであれば、これまで賃金を過剰に支払っていたことになる。

 院長は、裏切られたような気持ちになり、徐々に怒りがこみ上げてきた。本来の支払い額との差額分を返してもらった上で、できれば辞めてもらった方がいいのではないかと考え、社会保険労務士に相談をした。

連載の紹介

院長を悩ます職員トラブル大研究
遅刻や無断欠勤を繰り返す、患者への態度が悪い、派閥を作って人間関係を悪化させる……。職員が引き起こす様々なトラブルに頭を悩ませている院長は少なくありません。この連載では、トラブル介入の経験豊富な社会保険労務士、コンサルタント、現場の事務長がリレー形式で実例を紹介し、効果的な対処法を伝授します。
忙しい先生の代わりに開業に必要なアレコレ集めました
『日経メディカル開業サポート』オープン!

「開業したいけど、何から手を付ければいい?」
「テナントではどんな物件があるの?」
「先輩開業医の経験談を聞きたい」今までこう思った経験はありませんか?
『日経メディカル開業サポート』では、開業までのスケジュールをセルフチェックできる「開業ToDoリスト」や、先輩開業医によるコラム、医師の開業意識調査結果など、これから開業される先生へ有益な情報満載でお届けしています。
また、物件探しや医療機器導入、会計・税務等、開業に関して適切なタイミングで適切なサポートを受けられる企業を厳選してご紹介しています。ご利用はすべて無料ですので、まずは一度サイトをご覧ください!

この記事を読んでいる人におすすめ