今回紹介するAクリニックは、リハビリテーションに力を入れている整形外科診療所で、理学療法士を数人雇っている。ある日のこと、院長は女性の事務職員B子から相談に乗ってほしいと頼まれた。「相談をしていることが同僚たちにばれないようにしてほしい」とのことだったので、早朝、まだ誰も出勤してこないうちに出てきてもらい、事務長である夫人とともに話を聞くことにした。
 B子が頭を悩ませていたのは、男性の理学療法士C男からの執拗なLINEによるメッセージだった。

同僚男性からの執拗なLINEのメッセージに困惑の画像

ログインして全文を読む