A診療所では、扶養家族がいる職員に家族手当を支給しているが、あるとき、看護師B子に対し、本来の金額より多めに支給し続けていたことが発覚した。5年ほど前に何らかの理由で金額を間違えて支給し、以来、その額で支払い続けていたことが分かった。
 院長は、クリニック側のミスということで後ろめたさを感じながらも、多く支払った分は返還してもらわなければならないと考えた。そこでB子に対し、支給額に誤りがあったので返還してもらいたいと伝えたところ、「私に非がないのに、なぜ返還しなければならないんですか? 今さら言われても、そんなお金を用意できないし困ります」と不服そうな表情を見せた。

手当の過払いが発覚、院長が取ったNG行動とはの画像

ログインして全文を読む