日経メディカルのロゴ画像

保健所の調整機能の向上、診療・検査医療機関の働きが重要
「第5波では軽症者病床を使いこなせなかった」
東京都医師会副会長の猪口正孝氏に聞く

 国内の新型コロナウイルス感染症COVID-19)の新規陽性者数は、2021年12月下旬時点で全国的に少ない水準で推移しているものの、年末年始の経済活動の活発化とオミクロン株の出現により「第6波」への緊張感が高まりつつある。2021年夏から秋にかけての第5波をどのように反省し、次の感染拡大に生かすべきなのか──。医療現場が逼迫した東京都における今夏の振り返りを東京都医師会副会長の猪口正孝氏に聞いた(文中敬称略)。

連載の紹介

記者リポート
本コラムでは、記者などが独自に取材した医療・介護経営や業界動向に関するリポート記事、ヘルスケア業界のリーダーの先進的な取り組みなどを紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ