「年次有給休暇5日間の取得義務化」は、医師を含むすべての職種につき、2019年4月から実施される。年次有給休暇が10日以上付与される職員に対して、付与日から1年以内に5日間取得させることを義務化するものである(「付与日」の考え方については後述する)。スタートまで残り数カ月となり、今のうちから対応策を検討しておかなければならないのだが、働き方改革では残業規制の方が大きくクローズアップされていることもあり、十分な知識や情報を得ていない医療機関や事業所は少なくない。中には誤った認識を持っているケースもあり、正しい知識を有して運用をしなければ現場が混乱する恐れもある。そこで本稿では、年次有給休暇の取得に関し、今改正への対応のポイントを紹介したい。

4月から有給取得義務化、あなたの職場は大丈夫?の画像

ログインして全文を読む