後期研修医の採用の流れを大きく変える新専門医制度が今年4月にスタートした。新制度により、初期臨床研修を終えた若手医師は専門医資格の取得のため、専攻医として研修プログラムに登録し、そのプログラムに沿った形で複数の医療機関で専門医資格取得に必要な知識や技術を身に付けることになった。つまり、病院が専攻医(後期研修医)を採用するには、新制度の研修プログラムに参加しなければならなくなったというわけだ。

 病院が専攻医を採用するために必要な方法は2つある。一つは日本専門医機構や学会が定めた基準に基づき研修環境を整え、近隣の医療機関と連携して「基幹施設」として研修プログラムを立ち上げる方法。もう一つは、多くの専攻医が集まる研修プログラムの「連携施設」となり、専攻医の研修を一定期間担う方法だ。

 基幹施設になるには、疾患ごとに定められた症例数や指導医数など研修施設として定められた要件を満たす必要がある。来院する患者が多く、要件を比較的容易にクリアできる大学病院や市中の中核病院は、基幹施設として、制度の開始時期に合わせて研修プログラムを立ち上げた。

地方民間病院が総合診療科専攻医を確保できたわけの画像

ログインして全文を読む