日経メディカルのロゴ画像

介護ロボット の画像

 経済産業省は「ロボット政策研究会」の中間報告書(2005年5月)において、ロボットの定義を「情報を感知(センサー系)、判断し(知能・制御系)、動作する(駆動系)という三つの要素技術を有する、知能化した機械システム」と定義。そのロボット技術が応用され、利用者の自立支援や介護者の負担軽減に役立つ介護機器を介護ロボットと呼ぶ。

 厚生労働省と経産省は、「ロボット技術の介護利用における重点分野」(2012年11月策定、2014年2月改訂)を定め、以下の6分野13項目を重点分野としている。

連載の紹介

ヘルスケア・キーワード解説
医療・介護業界では専門的な用語が使われることが少なくありません。初心者が医療・介護関連の記事を読み進める上で押さえておきたいキーワードを、日経ヘルスケア編集部が解説します。

この記事を読んでいる人におすすめ