日経メディカルのロゴ画像

地域密着型サービスの画像

 地域密着型サービスとは、認知症の高齢者や中重度の要介護者が住み慣れた地域でできるだけ長く生活を継続できるように、2006年度介護保険制度改正で創設されたサービスのこと。認知症高齢者グループホームや小規模多機能型居宅介護、定期巡回・随時対応型訪問介護看護などが該当し、市町村および東京23区(以下、区市町村)が事業所の指定や監督を行う。事業所は中学校区などの日常生活圏域ごとに整備され、原則として事業所のある区市町村の住民のみが利用できる。

連載の紹介

ヘルスケア・キーワード解説
医療・介護業界では専門的な用語が使われることが少なくありません。初心者が医療・介護関連の記事を読み進める上で押さえておきたいキーワードを、日経ヘルスケア編集部が解説します。

この記事を読んでいる人におすすめ