日経メディカルのロゴ画像

DPC/PDPSの画像

 DPC/PDPSとは、急性期入院医療を対象として2003年に導入された診断群分類別包括評価支払い制度のこと。診断群分類に基づいて、入院1日当たりの包括報酬が支払われる。診断群分類は、主な疾患(病名)を基本として手術・処置・副傷病名の有無などによって分類されている。DPC対象病院は2019年4月1日時点で1727病院、病床数は48万2361床に上る。

連載の紹介

ヘルスケア・キーワード解説
医療・介護業界では専門的な用語が使われることが少なくありません。初心者が医療・介護関連の記事を読み進める上で押さえておきたいキーワードを、日経ヘルスケア編集部が解説します。

この記事を読んでいる人におすすめ