皆さん、こんにちは。先日、医療者へのハラスメント行為に関する調査結果が発表されたという報道がありました。日本医療労働組合連合会(医労連)が調査したもので、看護師ら医療・介護・福祉の職場で働くスタッフのうち、12.0%が過去3年間にセクハラを受け、その加害者として最も多かったのは「患者・家族」(49.7%、複数回答)とのことでした。
 かつて勤務していたある病院では、患者さんには病気があって弱っているのだから、医療者は何かを言われたりされたりしても、大目に見て我慢するのが当然という雰囲気がありました。僕自身がセクハラの対象になることはほとんどありませんでしたが、看護師さんたちからは、患者さんに触られたり、性的な話をされたなどという話を聞くこともよくありました。

診療所でも「ストップセクハラ」の掲示をの画像

ログインして全文を読む