9月30日に本州に上陸した台風24号は大規模な停電をもたらし、中部電力管内で119万戸、当院がある静岡県の西部地区の8割の家屋で停電が起こったとされています。クリニック周辺でも台風の影響で看板が倒れたり、納屋が倒壊したりするところもあり、30時間以上の停電となりました。当院では、平日の診療日(月曜日)の丸一日、停電した状態に。ある程度事前準備をしておいたこともあり、その日は規模を縮小した上で診療できましたが、一方で反省材料も残りました。今回は、その経験を読者の方々と共有できればと思います。

大規模停電に遭遇、生かされた準備と反省材料の画像

ログインして全文を読む