今回は、当院で実施している「チーフミーティング」のお話です。以前、当院の「スピード会議」をご紹介しました。1議案15分で終わらせるというもので、時間を区切り、生産性の低い「ダラダラ会議」とならないようにしています。もっとも、患者さんやスタッフの数が増え、業務が拡大してくると、15分の会議では検討しきれない部分も出てきます。また、会議を通じて各スタッフの仕事の状況を細かく把握したり、今後の方向性などをしっかり伝えることが難しくなるという問題も生じました。かといって、全員を集めて長時間の会議を実施するのは効率が良くありません。そこで始めたのが、事務、看護のチーフだけが参加するチーフミーティングです。

ミーティング形式巡り試行錯誤、たどり着いた結論は?の画像

ログインして全文を読む