診療所の開業で、投資額をどの程度に設定するかは、医師の経営理念(地域医療にどのように関わっていくのか)や診療方針(理念を実現するために、どのような患者属性をターゲットとして何をするのか)によって変わってきます。資金計画表を作成してみて、投資額が調達可能額を上回るようであれば、投資額の圧縮を検討する必要があります。特に、医療機器の購入予定額が調達額をオーバーしてしまえば、金利が高いノンバンクや、返済年数が短期のリースを利用する必要が生じるため、投資額を慎重に判断することが不可欠です。そこで今回は、主な項目別に、投資額の決定に関する基本的な事柄と、投資を抑制するためのポイントを見ていくことにします。

開業が1カ月遅れる誤算、背景に業者選定の問題の画像

ログインして全文を読む