先日、西日本で整形外科クリニックを開業予定のA医師からメールが届きました。当社の顧問先である診療所院長の大学後輩の方で、資金計画に関し悩んでいたところ、このコラムを読んで連絡されたとのことでした。
 A医師は、新規開業サポート業者のB社から、オフィスビル1階にある100坪のテナント物件の紹介を受けていました。大都市部の駅から徒歩5分の場所に建築中のビルです。開業は当分先と考えていたものの、駅近くの好立地で、B社の診療圏調査の結果も良好だったので、B社には「前向きに検討する」と伝えたそうです。A医師は70~80坪で十分と考えていたので、100坪は少し広いと思ったのですが、フロアを分割して賃借することはできないと言われたとのことでした。

事業者作成の開業資金計画に医師が抱いた不安の画像

ログインして全文を読む