院長が長期療養を余儀なくされたり急逝した場合の手続きのうち、保健所や厚生局などへの医業特有の届け出については前回・前々回に述べた通りですが、その他にも、一般の事業所と共通の諸手続きも当然発生します。今回はその中でも主なものを紹介し、併せて、「いざ」というときの各種の手続きに備えて、普段から心掛けておきたい事柄をまとめました。

「届出書類はどこ?」、途方に暮れる院長の遺族の画像

ログインして全文を読む