前回に続き、全国の赤十字病院の1〜5年目の医師に対して行った「医師の働き方改革」に関する緊急アンケートの結果をもとに、若手医師と医学生6人が、率直に語り合います。前回は「当直明けでも帰れない雰囲気問題をどうするか」「看護師へのタスクシフティングは必要があれば勝手に進む」といった話が出てきました。

地方の医学部を「自動車学校」化しないためにの画像