Cadetto.jpのロゴ画像

臨床研修プラクティス:小児科ER〜これだけは見逃さない〜

小児救急患者をどう診るか?前編
まずは見た目を大切に

2012/12/13
上村克徳(神戸市立医療センター中央市民病院)

 ※この記事は「臨床研修プラクティス」(文光堂)2008年11月号の特集を転載したものです。

・小児評価トライアングルを用いた、最初の数秒で直観的に得られる印象を重視しよう。
・「呼吸・循環状態の早期認識とその悪化の防止」が重症小児救急患者の予後を改善する最大の手段であることを理解しよう。
・そのために、バイタルサインのもつ意味について理解しよう。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ