Cadetto.jpのロゴ画像

研修医に必須!栄養管理のABC

経口摂取できる患者の栄養管理の実際
腎疾患患者の栄養管理はどうする?

2012/10/11
中尾俊之(東京医科大学腎臓内科)

 慢性腎臓病(CKD)の食事療法としては、3大栄養素(炭水化物、脂質、蛋白質)に対する配慮のほか、体液・電解質に関連した食塩、水分、カリウム、リンなどに対する配慮が特に重要である。

 ※この記事は「臨床研修プラクティス」(文光堂)2009年9月号の特集を転載したものです。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ