Cadetto.jpのロゴ画像

臨床研修プラクティス:抗菌薬をマスターする

小児感染症診療のポイント

2015/04/23
武内 一(耳原総合病院小児科)
小児感染症診療のポイントの画像

小児の発熱の多くは軽症のウイルス感染症で、自然治癒する。そこに紛れ込む重症感染症を疑うガイドラインはあるが、臨床の現場には常に例外がある。それ故に慎重な経過観察が重要で、安易に抗菌薬を使用しない姿勢が質の高い医療につながる。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ