Cadetto.jpのロゴ画像

こんな検査異常を見つけたら〜考える臨床検査〜

総蛋白が高い!

2014/06/05
大谷慎一(北里大学医学部臨床検査診断学)

 ※この記事は「臨床研修プラクティス」(文光堂)2009年3月号の特集を転載したものです。

●総蛋白(Total Protein:TP)は、ヒト血清中(血漿でもよい)には少なくとも100種類以上の蛋白成分が存在し、細胞外液を介して体のすみずみまで分布している。総蛋白量は、このような多数の蛋白成分の合成と分解との平衡状態を反映している。通常、栄養状態の指標であったり、種々の物質と結合して必要な臓器まで輸送されたり、補体や抗体として液性免疫を担ったりするなど、幅広い体内成分である。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ