Cadetto.jpのロゴ画像

臨床研修プラクティス:あなたが起こす医原病

薬疹(後編)

2013/10/10
相原道子(横浜市立大学附属病院皮膚科)

 ※この記事は「臨床研修プラクティス」(文光堂)2009年12月号の特集を転載したものです。

薬疹に伴う臓器障害は?

 全身性の紅斑がみられる重症薬疹では、発熱や臓器障害を伴うことがある(表2)。紅斑の出現より遅れて臓器障害がみられることが多く、時に紅斑の消褪期に肝障害の出現をみることがある。DIHSでは、軽快したのち1型糖尿病や甲状腺機能低下をみることが報告されている。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ