Cadetto.jpのロゴ画像

カデット特集●ペットと医者

ペットと医者 Vol.4
くたくたで帰宅しても疲れを忘れてしまいます
東京都済生会中央病院総合診療内科 小池宙氏

2013/05/10
佐竹三江=日経メディカル

小池宙 Hiroshi Koike
2006 年東京医科歯科大卒。家庭医。三島社会保険病院での初期研修、佐久総合病院での後期研修、慶應大病院を経て13 年から現職。
photo:Susumu Ebina

 「この子が来て、家の中が明るくにぎやかになり、目覚めること、家に帰ることが日々、楽しみになりました」。

 シャンプーして“もふもふ” になっている茶色い毛玉のような子犬を抱っこしながら、満面の笑みで語るのは、東京都済生会中央病院の小池宙氏。

 抱っこされているのは、トイプードルの「はなちゃん」。まだ3カ月のメスの子犬で、トイレなどのしつけの真っ最中。この日も初めてのお散歩となったはなちゃんだが、実は3カ月にして既に許婚(いいなずけ)がいる。

 「妻の実家に、ココという5歳のオスのトイプードルがいるのですが、そのお嫁さんにとペットショップを妻と回り、2 軒目ではなを見つけたんです」と小池氏は出会いを語る。

 気に入ったトイプードルの子犬2匹を順に抱っこさせてもらったところ、はなちゃんは全力で顔をなめてきた。さらに、抱っこをやめると「きゅーきゅー」ととても寂しそうに甘え鳴きして、じーっと見つめてきたのだとか。その視線に「やられました(笑)」。小池氏は大の動物好きで、多忙な研修中もずっとハムスターを飼い続け、今も3匹飼っているが、はなちゃんの可愛さはまた格別のようだ。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ