Cadetto.jpのロゴ画像

カデット特集●カデット総選挙2012

カデット総選挙 2012 Vol.2
上司に求めるのは指導力と情熱

「上司にしたい医師」の上位は「指導を受けてみたい医師」(Vol.1参照)とほぼ同じ顔ぶれ。ただし、票は割れ、自分の上司や身近な医師を推す声もかなり寄せられた。

 理由として多く挙がったのは、指導力と情熱。ただ、上司には、プライベートに対する理解もほしい。1位の林寛之氏には自身に育児休暇取得の経験があることから、「ワークライフバランスへの理解」(40代、内科)を期待する声もあった。

 「部下になったら厳しそうと思う医師」の結果を見ると、手術を精力的にこなす外科医には厳しさのイメージがやはりセットになっていることが分かる。研究業績で名高い組織のトップについても、「成果の裏には厳しさがあればこそ」(30代、内科)という意見が目立った。

 一緒に酌み交わしてみたい1位は日野原重明氏。もっとも、その経験を生で聞くなら、一晩ではとても足りないかもしれないが。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ