Cadetto.jpのロゴ画像

カデット特集●この参考書を読もう!

初期研修医におススメ この参考書は読もう! Vol.9
出会いから20年、3度目の正直でハリソンを通読したその感想は…
セシル vs. ハリソン

田中和豊氏
Kazutoyo Tanaka
福岡県済生会福岡総合病院臨床教育部部長●1988年慶應大理工学部物理学科卒業後、94年筑波大医学専門学群卒業。横須賀米海軍病院インターン、聖路加国際病院外科系研修医、アルバートアインシュタイン医科大ベス・イスラエル病院にて内科レジデントなどを経て、2005年より現職。「週刊医学界新聞」(医学書院)内にて、「臨床医学航海術」を連載中。
(Photo: Daisuke Hayashida)

 内科学教科書の「バイブル」として初めてハリソンの名を耳にしたのが医学部1年生の時。その後、「1度は通読する!」と誓いましたが、最初は「1日1章」という無理なノルマが裏目に出て、感染症の項目で内容が頭に入らなくなり挫折。2回目は、移動時の空き時間を利用して速読を試みましたがこれまた挫折…。その後、指導する立場になり「さすがに読まないと示しがつかない…」と思い、なんとか読み進めた結果、3度目の正直で2009年に成功しました。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ