Cadetto.jpのロゴ画像

心電図が分からない理由を教えてくれる教科書

2019/04/17
田中和豊

 前回は筆者が使用した心電図の教科書を3冊紹介した。そのうち最初の2冊は筆者が学生時代に心電図を勉強したときの書籍である。しかし、筆者が最初に心電図の勉強をしてからかれこれ約30年程時間が経過している。きっと新しい心電図のバイブルがあるに違いないと思い立ち、書店に行って心電図の入門書を何冊か購入して読んでみた。また、つい最近心電図の本を読んだという研修医にもおすすめの書籍を紹介してもらい、実際にその書籍を購入して読んでみた。

 今回新たに、合計7冊の心電図の本に眼を通した。そして、現在の心電図のバイブルといえる書籍を探索してみたが、「現在の心電図バイブルは存在しない!」という結論に至った。当たり前だが、どの心電図の書籍も同じ内容が解説してある。異なるのはその説明の仕方だ。それぞれの書籍で、イラストやマンガを用いているものやCD-ROMを用いているものなど説明方法の媒介が異なっていたり、心電図の波形を説明する時の比喩が微妙に異なるだけで、本質的に説明している内容は同じなのである。

 イラストやマンガで懇切丁寧に説明された心電図の書籍がたくさんあるのに、なぜ心電図が読めずに苦労している医療従事者が、医師も含めて少なからず存在するのだろうか? そう考えると、「どうすれば心電図が分かるようになるのか?」という疑問を解決するよりも、逆に「なぜ心電図が分からないのか?」という疑問を解決した方が良いように思えてきた。こうして「心電図がなぜ分からないのか?」という疑問を抱き始めたとき、何と書店で格好の書籍を発見した!

 それは、村川裕二著:『あなたが心電図を読めない本当の理由』、『続 あなたが心電図を読めない本当の理由』、『続々 あなたが心電図を読めない本当の理由』、文光堂、2008年、2009年、2010年(分類:通読書、推奨度評価:★、推奨時期:初期研修医~)の3部作である。

著者プロフィール

田中和豊(福岡県済生会福岡総合病院 総合診療部主任部長・臨床教育部部長)●たなか かずとよ氏。慶應大理工学部を卒業後、医師を目指す。94年筑波大医学専門学群卒業。横須賀米海軍病院、聖路加国際病院、アルバートアインシュタイン医科大、ベス・イスラエル病院などを経て、2012年より現職。

連載の紹介

医学書ソムリエ
良い医学書は良い海図のように、臨床の大海原の航海を確実に楽にしてくれるもの。しかし、数多く出版される医学書のどれを読んだらよいのでしょうか。本連載では、筆者の田中和豊氏が、忙しいあなたの代わりに様々な医学書に目を通し、「これは良い」と思ったものだけを紹介します。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ