Cadetto.jpのロゴ画像

患者との恋愛は「避けるべき」

2015/02/20

 たくさんの患者の中の1人がいつしか特別な人に―。清廉潔白なイメージが好まれる医療の世界では、なんとなくタブーな雰囲気が付きまとう医師と患者の恋愛。患者と恋仲になった経験の有無を若手医師706人に聞いたところ、「ある」と回答したのはわずか27人(3.8%)だった。この希少な経験者たちは、「出会いは突然だから」(30歳代男性、耳鼻咽喉科)、「恋愛に法律はない」(30歳代男性、一般内科)と、恋愛の不可避性を強調する。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ