初期臨床研修制度や、2017年度から始まる新専門医制度の導入によって、キャリアの自由度、流動性が高まり、キャリアの自己責任化が進んでいます。一方で、育児や介護などで時間に制約のある医師の離職や、地域医療とライフイベントの兼ね合いなど、様々な障害が医師のキャリアには存在しています。例えばへき地では、医師自身が出産するときに掛かれる産婦人科が近くにないケースがあります。また高齢出産や激務の中で出産する場合だったとしても、産婦人科の3次救急が近場にない可能性があります。出産後も、休日保育や24時間保育、病児保育といった保育のリソース、教育のリソースが不足していることもよくあります。

キャリア自己責任時代の働き方を考えるの画像