Cadetto.jpのロゴ画像

医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない

2017/02/24
鈴木 裕介(ハイズ)
医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃないの画像

前回、高い専門性を育むためには社会の流れを読んだ上で「適度にリスクを取ること」が必要だと紹介しました。多くの若いドクターや学生さんの相談を受けていると感じるのは、この「リスク」という言葉に対する嫌悪感です。なぜ若者はリスクを避けるのでしょうか? この謎を紐解くヒントとして、マーケティングの世界で顧客分析に有用な「世代論」という考え方が参考になります。

著者プロフィール

鈴木裕介(ハイズ社)●すずき ゆうすけ氏。2008年高知大卒。一般内科診療やへき地医療に携わる傍ら、高知県庁内の地域医療支援機構にて広報や医師リクルート戦略、 医療者のメンタルヘルス支援などに従事。16年に国家資格キャリアコンサルティング技能士2級を取得。15年より現職。

連載の紹介

鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋
昔に比べて価値観やキャリアが多様化し、「働き方」に悩む機会が増えてきました。医師でありながらこれまで1000件以上のキャリア相談を受けてきた鈴木裕介氏が、進むべき道を見失った「キャリア迷子」たちに送る「愛の処方箋」。様々なキャリア理論と実践に基づき、優しくレクチャーします。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ