Cadetto.jpのロゴ画像

限りある人手、時間… 在宅医療と「優先順位」

2022/05/06
織田うさこ

 在宅医療を受けている患者さんは、年々増えてきていると思います。

 厚生労働省が発表している調査によると、2006年から2014年にかけてレセプト件数は3倍以上にもなっているそうです。うち、85歳以上が6割、75歳以上84歳以下が3割、つまり9割方が75歳以上の後期高齢者だそうです。私が診ている患者さんでも、90代なんて全然珍しくなくて、ほんとうにみんな長生きだなあと感じます。

著者プロフィール

織田うさこ(皮膚科医・内科医)●市中病院での初期研修修了後、皮膚科医として勤務していたが、必要に迫られて、内科も勉強しながら従事している。家庭医として地域医療に貢献。何事にも必死になりすぎるタイプ。

連載の紹介

うさコメント!
2007年、小西真奈美さん主演で放映されたドラマ「きらきら研修医」のモデルとなった織田うさこ氏が、身の回りの医師について、患者との関わりについて、医療現場で起こるさまざまな出来事について、独自の視点で語ります。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ