Cadetto.jpのロゴ画像

患者の暴言、暴行… 医師を悩ます「ペイハラ」

2022/03/07
織田うさこ

 外来の患者さんの半数以上は高齢者なのですが、ときどき、急に怒り出す人がいます。
この間も、看護師さんが採血しようとして、「アルコールでかぶれたりしないですか、大丈夫ですか」と確認すると、「当たり前だろう!」と立ち上がって怒り出した高齢男性がいました。「おまえ、何言ってるんだよ!? アルコールがダメな奴が病院なんか来るわけないだろう!」

 「アルコールでかぶれる方もいるので皆さんにお聞きしているんです」と、私が言うと、
 「馬鹿野郎、おまえ、アルコールがダメな奴は病院こねぇよ!」
と再度同じことを言われました。アルコールがなぜ彼の気に障ったのか分かりませんが、馬鹿だのおまえだの、暴言を吐かれる筋合いはありません。

著者プロフィール

織田うさこ(皮膚科医・内科医)●市中病院での初期研修修了後、皮膚科医として勤務していたが、必要に迫られて、内科も勉強しながら従事している。家庭医として地域医療に貢献。何事にも必死になりすぎるタイプ。

連載の紹介

うさコメント!
2007年、小西真奈美さん主演で放映されたドラマ「きらきら研修医」のモデルとなった織田うさこ氏が、身の回りの医師について、患者との関わりについて、医療現場で起こるさまざまな出来事について、独自の視点で語ります。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ