Cadetto.jpのロゴ画像

病院に毎週通うの、しんどくないですか?

2021/08/06
織田うさこ

 夏は皮膚科の繁忙期です。あせも、湿疹、虫刺され、感染症など、夏に増える皮膚疾患がたくさんあるからです。

 感染症の一つ、尋常性疣贅は、いわゆるウイルス性の「イボ」です。主な治療法は液体窒素を使った凍結療法ですが、痛い、通院頻度が比較的多い、完治に長期間かかる、と、なかなか厄介な病気です。比較的、子どもに多い疾患ですが、大人の患者さんもいらっしゃいますし、高齢の方もいます。

 私の外来に毎週通っているAさん。

 80代の男性で、尋常性疣贅の加療中の方です。加療歴は長く、もう数年に及びます。

 元々は他の先生が診ていましたが、その先生の後、私が引き継いで、もう1年近くたとうとしています。

著者プロフィール

織田うさこ(皮膚科医・内科医)●市中病院での初期研修修了後、皮膚科医として勤務していたが、必要に迫られて、内科も勉強しながら従事している。家庭医として地域医療に貢献。何事にも必死になりすぎるタイプ。

連載の紹介

うさコメント!
2007年、小西真奈美さん主演で放映されたドラマ「きらきら研修医」のモデルとなった織田うさこ氏が、身の回りの医師について、患者との関わりについて、医療現場で起こるさまざまな出来事について、独自の視点で語ります。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ