「報告・連絡・相談」の頭文字を取った報連相(ほうれんそう)。仕事をスムーズに進めるためには、きちんと報告や連絡、相談をして、コミュニケーションを良くすることが大事だということを表した言葉だそうです。多くの職種がかかわる在宅医療では特に、しっかり報連相をやることが大切になるのですが、最近、報連相について考えさせられる出来事がありました。

ケアマネさんの「報連相」がくどいワケの画像