Cadetto.jpのロゴ画像

ターミナルケアと春もみじ(後編)
たくさんの花木に見守られ

2018/07/25
織田うさこ
たくさんの花木に見守られの画像

「こんにちは。痛みの具合はいかがですか?」

 50代のAさんは、前立腺がんのターミナル期。「やっぱり痛い……。薬を飲んだらその時は少しマシになるんだけど、しばらくして薬が切れるとまた痛くなるんだ」と話されました。そこで、訪問看護師さんのサポートを得ながら横向きになってもらい、褥瘡の状態を確認しました。案の定、黒色壊死になって、壊死面積も大きくなっていました。大腿部の皮膚転移も拡大傾向です。

「Aさん、もう少し痛み止めの量を増やしませんか? 痛いとつらいでしょう?」

著者プロフィール

織田うさこ(皮膚科医・内科医)●市中病院での初期研修修了後、皮膚科医として勤務していたが、必要に迫られて、内科も勉強しながら従事している。家庭医として地域医療に貢献。何事にも必死になりすぎるタイプ。

連載の紹介

うさコメント!
2007年、小西真奈美さん主演で放映されたドラマ「きらきら研修医」のモデルとなった織田うさこ氏が、身の回りの医師について、患者との関わりについて、医療現場で起こるさまざまな出来事について、独自の視点で語ります。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ