Cadetto.jpのロゴ画像

「充実」と「シンドイ」は紙一重?

2017/12/29
織田うさこ
「充実」と「シンドイ」は紙一重?の画像

 気づけばもう2017年も終わってしまいます。スーパーやコンビニにはおせちの広告が置かれ、駅前には年賀状売り場が登場。時のたつのが、年々、早くなっている気がします。

 1年がたつのは早い。1カ月が早い。1日も早い。朝起きてから夜寝るまでがあっという間です。特に仕事中は集中しているせいか、さらに時間がたつのを早く感じます。

 例えば、ある日の1日。診療所で働く私は、外来開始20分前には出勤しています。スタッフに挨拶しながらロッカールームへ急ぎ、白衣に着替えると、メールボックスの整理。不要なDMは捨てて、学会誌や紹介状の返事といった必要なものは外来の合間に読めるように診察室へ持っていきます。朝礼をして、申し送りを聞いて、診察室へ。この日の医師は私1人。しかも、看護師さんの1人がお子さんの熱のため欠勤。すでに、忙しくなりそうな予感です。

著者プロフィール

織田うさこ(皮膚科医・内科医)●市中病院での初期研修修了後、皮膚科医として勤務していたが、必要に迫られて、内科も勉強しながら従事している。家庭医として地域医療に貢献。何事にも必死になりすぎるタイプ。

連載の紹介

うさコメント!
2007年、小西真奈美さん主演で放映されたドラマ「きらきら研修医」のモデルとなった織田うさこ氏が、身の回りの医師について、患者との関わりについて、医療現場で起こるさまざまな出来事について、独自の視点で語ります。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ