Cadetto.jpのロゴ画像

「初めてだから!」は通じない

2014/04/17

 研修医の頃、同期のA君と一緒に、産科をローテートすることになりました。彼はSLE(全身性エリテマトーデス)の妊婦さんを受け持つことになりました。

 朝から、外来、エコー、採血、お産と忙しく、疲れ切った夕刻。カンファレンスの準備で、急いでカルテをそろえる私を尻目に、A君は教科書で項目を確認しながら、ちんたらと採血のオーダー中。SLEの妊婦さんの採血のようでした。カンファレンスの開始時刻が迫っていてイライラした私が「C3とC4とCH50でしょ」と言うと、「偉そうに!SLEの妊婦は初めてなんだから分かるわけがないだろ!」と怒鳴られました。

 初めてもなにも、単に、事前に勉強しておけばいいだけの話。自分の努力不足を棚に上げて開き直る態度にムッとしました。その後も、似たようなことが再三あり、なにかにつけ「初めてで分かるわけない」と逆切れするA君に辟易していました。

著者プロフィール

織田うさこ(皮膚科医・内科医)●市中病院での初期研修修了後、皮膚科医として勤務していたが、必要に迫られて、内科も勉強しながら従事している。家庭医として地域医療に貢献。何事にも必死になりすぎるタイプ。

連載の紹介

うさコメント!
2007年、小西真奈美さん主演で放映されたドラマ「きらきら研修医」のモデルとなった織田うさこ氏が、身の回りの医師について、患者との関わりについて、医療現場で起こるさまざまな出来事について、独自の視点で語ります。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ