Cadetto.jpのロゴ画像

「主治医は私だ」の画像

 「起こりうる合併症やリスクをしっかりと伝え、カルテにも記載する。それがムンテラで一番大事なことだよ」と、医者になりたてのときに教わりました。が、実際、リスクの話ばかりすると患者さんが怖がって、必要な検査や手技ができなくなったり、あるいは、せっかく時間をかけて説明しても「全て先生にお任せします!」と“丸投げ”されたり。

著者プロフィール

織田うさこ(皮膚科医・内科医)●市中病院での初期研修修了後、皮膚科医として勤務していたが、必要に迫られて、内科も勉強しながら従事している。家庭医として地域医療に貢献。何事にも必死になりすぎるタイプ。

連載の紹介

うさコメント!
2007年、小西真奈美さん主演で放映されたドラマ「きらきら研修医」のモデルとなった織田うさこ氏が、身の回りの医師について、患者との関わりについて、医療現場で起こるさまざまな出来事について、独自の視点で語ります。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ