Cadetto.jpのロゴ画像

嘘と気づいた上で信じていたい

2011/04/27

 誰かに嘘をつかれていると気づいた時、あなたはどうしますか?「嘘だと分かっていても、あえて信じる方がいい」という場合があると私は思います。嘘をつかれると、通常、私たちは、不快になったり立腹したりします。けれども実は、嘘をついている相手の方が、自分より立場が弱いのです。相手は、自分との関係を壊したくなくて、嘘をついているからです。その嘘をなじれば、相手にダメージは与えられるでしょうが、ともすれば相手との関係を壊しかねません。

 メタボの患者さんの血糖値や脂質が全く下がらないので、「食事の調節や運動はできていますか?」と尋ねると、「毎日ウォーキングしてます。間食はほとんどしないし、食事も減らしてます」との答え。でも全然体重が減っていないのだから、嘘だろうと分かります。でもそこで、「嘘でしょ、体重減ってないし」などと言ってしまえば、彼はますます本当のことを言えなくなるでしょう。話を否定せずに聞き続け、うなずき、本人と一緒に、どうしたらいいかを考えていきました。

著者プロフィール

織田うさこ(皮膚科医・内科医)●市中病院での初期研修修了後、皮膚科医として勤務していたが、必要に迫られて、内科も勉強しながら従事している。家庭医として地域医療に貢献。何事にも必死になりすぎるタイプ。

連載の紹介

うさコメント!
2007年、小西真奈美さん主演で放映されたドラマ「きらきら研修医」のモデルとなった織田うさこ氏が、身の回りの医師について、患者との関わりについて、医療現場で起こるさまざまな出来事について、独自の視点で語ります。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ