Cadetto.jpのロゴ画像

シンギュラリティ後を見越し、子どもをどう育てる?

2017/09/21
鈴木 瞬(豊後荘病院精神科/SNC産業医事務所代表)

 人生ライフダイアローグ第二回! 今回も突飛な議論が錯綜します……。

担当 前回は、「働き方を下山する」なんて言ってましたよね。
鈴木 うん。
担当 フツー、Cadetto読者世代のU35(Under 35歳)ってどう考えてもキャリアアップを意識する年代じゃないですか。なのに、下山って……。
鈴木 まあ、確かに突飛に見えるとは思うけどねえ~。例えば、一番分かりやすい分岐点は、「育児」だよ。子どもがいない時は、時間や報酬の多寡を意識せず労働に没入できたかもしれないけど、子どもを持つと明らかに変わる。自分の時間も、お金も、自分だけのものではなくなるからね。自らの持ち時間を意識せざるを得ないし、金銭面の待遇を考えざるを得ない。
担当 そんなもんですか?

うちのムスッコが大人になる頃はシンギュラリティ?
担当 話変わりますけど、瞬センセーって、お子さん3人いるじゃないですか。
鈴木 うん。一番上はもう小1だよ。
担当 センセーっていろんなことに持論があるし、教育とか育児とか、すっごいこだわりありそうですけど、どうなんですか?
鈴木 いや、全くこだわりないね。好きなことやらせて、放任だよ。早期教育とか、お受験とか一切なし。
担当 お子さんの将来を心配したりするタイプではないんですか?

著者プロフィール

鈴木瞬(SNCメンタルヘルス・産業医事務所代表)●すずき しゅん氏。2009年高知大卒、筑波大院修了。博士(医学)。産業医大で研修後、筑波大産業精神医学に入局。首都圏での精神科診療や産業医実務を経て、2014年より現職。悩める若手医師のカリスマとして講演&相談実績多数。

連載の紹介

研修医のための人生ライフ向上塾!
ストレスにさらされながらも、しなやかに適応する術、「健康生成論」の実践を専門とする鈴木氏が、研修生活のライフハックから医師人生におけるストレスへのマネジメントについて、ときに学術的、ときに超主観的につづります。人生とライフって、もろ被りですね。

『研修医のための人生ライフ向上塾!』発売!

「研修医のための人生ライフ向上塾!」

 日本一ゆるい研修医のためのライフハック本、爆誕! ストレスマネジメントの専門家が、キャリアの疑問から医療職との人間関係、医師のバーンアウト問題までをぶった切る!

 ストレスにさらされながらも、しなやかに適応する術、「健康生成論」の実践を専門とする筆者が、初期研修生活のライフハックから医師人生におけるストレスへのマネジメントについて、ときに学術的、ときに超主観的につづります。

 書き下ろし補講コラムや特別対談2本を加えての書籍化です!(鈴木 瞬著、日経BP、2916円税込み)

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ