Cadetto.jpのロゴ画像

Ik-Kyung Jang
Harvard Medical School, USA

2019/03/28

 急性冠症候群を引き起こす血栓形成の薬理学、生理学の研究から始まり、2002年には光干渉断層法 OCTを用いた冠動脈プラークの研究を発表し、プラーク破裂のメカニズムを明らかにした。

 臨床現場で広く用いられているOCT研究の第一人者であり、日本人留学生も数多く指導してきた。


連載の紹介

シリーズ◎目指せ! スペシャルドクター
「このドクターは何で有名なの?」。そんな疑問を持っているアナタ。このページを見れば、その疑問が解消します。「これから留学しよう」「どこで研修しようか」そんなとき、このページをご活用下さい。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ