Cadetto.jpのロゴ画像

生活臨床と世に棲む患者

2015/12/16
生活臨床と世に棲む患者の画像

 今回は、精緻な観察に基づいて発展してきた精神科の見立てと、日本で発展してきた「生活」を重視する考え方について紹介してみようと思います。そもそも、今も使われている統合失調症の薬が「発見」されたのは、第2次世界大戦後なんですね。それまでの精神医療は、マラリア療法やインスリンショック療法や、ロボトミー手術などが試みられたこともあったものの、基本的には精緻な観察に基づいて予後を推定しながら寄り添う医療が行われていました。

著者プロフィール

毎日せのびぃ●市中病院での初期研修後、出身大学病院を経て、再度初期研修病院に戻った精神科医の卵。外見や語り口は穏やかで気さくな好青年。だが、胸の内には数々の野望が渦巻いている。今はそれらを封印し、高みを目指して修行に励む日々。

連載の紹介

日々是たぶん好日ナリ
毎日せのびぃ”が臨床の狭間で繰り出すつぶやきログ。生活の大部分を占める医療ネタのほか、将来のこと、趣味のこと、世間話など、フリーハンドで書いていきます。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ