Cadetto.jpのロゴ画像

特別支援学校での経験(3)
「人との適切な距離感」を高校生に教える
発達段階ごとの支援を考える「太田ステージ」

2015/02/18

 特別支援学校の小学5~6年生の宿泊学習の帯同で「勉強になったー」と騒いでいたら、高等部の修学旅行の付き添いに行けないかというオファーが再び舞い込んできました。どうやら、帯同予定だった医師が体調不良になってしまったということです。これはチャンス!と思い、再び帯同することにしました。

発達のステージを評価するのに便利な「太田ステージ」
小学部での経験を児童・思春期を専門にする先生方や心理士の皆さんに聞いてもらい、フィードバックしてもらったときに、「太田ステージ」という評価法を習いました。

 児童精神科医の太田昌孝先生が考案した評価法で、ピアジェの発達理論などを参考に設定した認知発達段階を表しています。そもそもは自閉症の特有な認知の特徴を踏まえた上で開発されましたが、知的障害がある方や他の発達障害をもつ方の簡単な評価方法としても十分に活用できるとされています。日本はもちろん、海外の一部でも太田ステージは重宝されているようです。

 これは、子どものシンボル機能の発達段階が把握できます。せのびぃの理解の範囲内で簡単に言うと

著者プロフィール

毎日せのびぃ●市中病院での初期研修後、出身大学病院を経て、再度初期研修病院に戻った精神科医の卵。外見や語り口は穏やかで気さくな好青年。だが、胸の内には数々の野望が渦巻いている。今はそれらを封印し、高みを目指して修行に励む日々。

連載の紹介

日々是たぶん好日ナリ
毎日せのびぃ”が臨床の狭間で繰り出すつぶやきログ。生活の大部分を占める医療ネタのほか、将来のこと、趣味のこと、世間話など、フリーハンドで書いていきます。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ