Cadetto.jpのロゴ画像

せのびぃ、島の医療から学ぶ(その4)
「何もしない」贅沢を体感する

2014/10/01

 島に来てからの医療の話を続けたので、たまには島での余暇の話もしましょう。

島は写真撮影スポットだらけ
 実はせのびぃ、写真が趣味なのです。このコラムがはじまった頃、前の編集担当さんに「せのびぃ先生、できればコラムに写真を載せてください」と言われたのですが、医療ネタでは患者さんの同意なく写真をウェブに載せるわけにも行かず、自粛する日々でした。今回は、島に行くことが決まったときに、現在の編集担当さんからすかさず「写真!」というオーダーをいただいたので、この連載では、写真を1枚ずつ載せてみることにしました。

 島への行き帰りはヘリだったので、空の上から富士山と江ノ島(「島の代診にえいやっと飛び込む」)。晴れた日には水平線から登ってくる朝日を拝み(「島の医者ってこんなこともやるの!?」)、患者さんは昼間に受診してくれるので、夜はゆっくり星を観察することができました(「医者は『公共資源』と理解している島民たち」)。

 今回は、昼休みに行った海岸。海、空、雲、砂、山の見事なコントラストをご覧ください。

著者プロフィール

毎日せのびぃ●市中病院での初期研修後、出身大学病院を経て、再度初期研修病院に戻った精神科医の卵。外見や語り口は穏やかで気さくな好青年。だが、胸の内には数々の野望が渦巻いている。今はそれらを封印し、高みを目指して修行に励む日々。

連載の紹介

日々是たぶん好日ナリ
毎日せのびぃ”が臨床の狭間で繰り出すつぶやきログ。生活の大部分を占める医療ネタのほか、将来のこと、趣味のこと、世間話など、フリーハンドで書いていきます。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ