Cadetto.jpのロゴ画像

国試後の予定はいかがですか?Part 2

2014/02/05

 前回まですごく「意識の高そうな」発言ばかりしてきたので、今回は毛色を変えた回にしたいと思います。

 今回の題名はいきなりPart 2となっています。Part 1は昨年の同じ時期に書いたVol.12「国試後の予定はいかがですか?」で、国家試験と臨床をつなぐオススメ本の紹介です。そちらは「意識の高い」回なので、よっぽど暇なときか、気分が乗ったときにクリックするようにしてください(笑)

 6年生の皆さまは、国試直前で張り詰めた緊張感があると思いますが、ゆる~い話題で少しはリラックスしていただければと思います。

 さて、ここ数年、連続ドラマで医療関係のテーマが取り上げられることが特に増えたと思います。もちろん昔から、赤ひげ、ブラックジャック、Dr.コトー診療所などの名作が多くの医師に影響を与えてきたと思いますし、ヒットした海外ドラマもたくさんあります。

 昨年後半の2クールでは、「救命病棟24時」「DOCTORS 2」「海の上の診療所」「ドクターX」などがありましたね(漏らしていたらすいません。他意はありません…)。

 今クールのドラマは、3本が医療関係で、「医龍4」「チームバチスタ4」「Dr. DMAT~瓦礫の下のヒポクラテス~」が放映されています。医龍、チームバチスタは、シリーズものなので、どこかのタイミングでみたことがある方も多いでしょうか。

 そもそも、研修医は決まった時間に帰らないことが多いので、DVDに撮るなど何らかの方法を使わないと、連続ドラマを見続けるのは至難の業だと思います。よって、当院でも連続ドラマを全部チェックしている研修医はいない(はず)なのですが、患者さんは結構見ているのと、(医師以外の)友人は意外と医療ドラマの話を私たちに振ってくることが多いんですよね。

 愛想笑いしながら、「あ~、そういうのやってるんですね~」という相づちを打つしかないのが若干歯がゆいのですが、たまたま今クールはDr. DMATの初回を観ることができました。

著者プロフィール

毎日せのびぃ●市中病院での初期研修後、出身大学病院を経て、再度初期研修病院に戻った精神科医の卵。外見や語り口は穏やかで気さくな好青年。だが、胸の内には数々の野望が渦巻いている。今はそれらを封印し、高みを目指して修行に励む日々。

連載の紹介

日々是たぶん好日ナリ
毎日せのびぃ”が臨床の狭間で繰り出すつぶやきログ。生活の大部分を占める医療ネタのほか、将来のこと、趣味のこと、世間話など、フリーハンドで書いていきます。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ