Cadetto.jpのロゴ画像

ぴぃ子と愉快な仲間たち

2012/12/21

お久しぶりです! ぴぃ子の病院が非常に(異常に?)変わった病院であることに、
既に皆さまもお気づきかと思いますが、そこに集まってくる研修医にも、
毎年キャラの濃い変人・奇人がたくさんいます。

今回は「ぴぃ子と愉快な仲間たち」と題して、院内の有名研修医を紹介したいと思います!

1.ドラゴン研修医
 朝6時前から活動し、深夜まで(面白い症例を探して)ERに出没するというドラゴン研修医。この人が一体いつ寝ているのか、把握している人はいない。

 エスカレーターは使わず、1階から6階まで全力疾走、廊下を歩くスピードは速すぎて
誰もついて行けないと言われている。後輩には優しく教育的で、時間があるときはレクチャーをしてくれるが、夜中の0時から「今、暇やからレクチャーするか」と言って
後輩をビビらせたという逸話がある。

2.天才研修医
 スタッフや上級医もビビるほどの知識の持ち主。NEJMやBMJを読むなど当たり前。
後輩に突然質問し、知らないと「そんなことも知らないのか!処刑やな!」と恐ろしい言葉を放つ。

 普段なら研修医2人で分担する科を、何かの手違いで1人だけでローテする羽目に
なったときも、担当患者が60人いたにもかかわらず、見事マネージメントし通したという逸話あり。

3.ハイパーアクティブ研修医
 異常に口数が多く、とにかくよくしゃべる。
顔を見るとしゃべりかけてきて、歩いている間も ひたすらしゃべっている。

 少しでも暇になると「何か面白い症例ないっスかね~?」と言いながらERを徘徊する。 
勉強熱心で知識も豊富なのだが、言動がチャラいために半分以上の人に誤解されている。

4.荒らし屋研修医
 この人と当直で組むと、必ずと言っていいほど病棟が荒れまくり寝られないと言われている。が、当の本人は体力があり余っているので、翌朝も「いや~~~今回の当直も寝られなかったッスねー!!」とさわやかに言い放ち、全然ダメージを受けていない。

 仕事は早く、性格もすこぶる良く、一緒に働くには理想的な好青年なのであるが、
いかんせん当直が荒れるので、特に上のレジからは、「一緒に当直したくない」と言われている。

著者プロフィール

研修医ぴぃ子(某病院初期研修医)●国内の某研修病院で、研さんに明けくれる初期研修医2年目女子。どんなに忙しくとも、外界の様子をうかがうアンテナはぷるぷる回転中。

連載の紹介

研修医ぴぃ子がいく
怒濤の研修生活を満喫中の初期研修医ぴぃ子が、日々の修業の中でふと思ったこと、驚いたこと、役立ったこと、へこんだこと、などなどを、Cadetto.jp読者とシェアします。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ