Cadetto.jpのロゴ画像

医師のお作法 No.017◎困った患者へのお作法(1)
児童虐待が疑われた場合はすぐに通報する

2021/08/13
日経メディカル

 ひょっとして児童虐待? 診察時にそう疑った場合、医師が取るべき基本的スタンスは、「迷わず、児童相談所または福祉事務所に通告」だ。

 児童虐待の通告を義務付ける法律は幾つかある。

 「児童福祉法」(第25条)では、「保護者に監護させることが不適当であると認める児童を発見したもの」に対して、通告義務があるとしている(表1)。また、「児童虐待防止法」では、医師などの職種は、児童虐待を発見しやすい立場であり、早期発見に努めなければならないとしている。

連載の紹介

病院ではこれが常識!医師のお作法123
新米医師が、病院の中で社会人としてうまく立ち回り、患者の前で医師らしく振る舞うために、最低限押さえておきたい「お作法」をまとめた書籍『病院ではこれが常識!医師のお作法123』から、内容の一部をピックアップして紹介! それぞれのお作法に対する全国の指導医からの熱いメッセージも掲載します。
書籍『病院ではコレが常識! 医師のお作法123』 好評発売中

 若手医師・医学生向けシリーズ書籍「日経メディカルCadettoブックス」の第1弾。病院の中で社会人としてうまく立ち回り、患者の前で医師らしく振る舞うために、最低限押さえておきたいお作法、123選。全国の指導医からの熱いメッセージを、『日経メディカル』編集部が総力を挙げてまとめました。(発行:日経BP、3520円[税込])

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ