Cadetto.jpのロゴ画像

医師のお作法 No.005◎患者対応のお作法(5)
治療費の値引きをしてはいけない

2021/05/25
日経メディカル

 「今月は、厳しくて……。先生、医療費ちょっとまけてよ」──。患者から、こんな風にお願いされたら、少しくらいならまけることが可能なのだろうか。

 答えは「否」。保険診療は、保険者と医療機関と被保険者の3者で、法律で定められた契約関係に基づいて行われるものであり、医療機関だけで一方的に割引サービスを行うことはできない。

 また、診療報酬として定められた額を請求しないことは、経済上の利益の提供と考えられ、療養担当規則(保険医療機関及び保険医療養担当規則)違反となる(表1)。

連載の紹介

病院ではこれが常識!医師のお作法123
新米医師が、病院の中で社会人としてうまく立ち回り、患者の前で医師らしく振る舞うために、最低限押さえておきたい「お作法」をまとめた書籍『病院ではこれが常識!医師のお作法123』から、内容の一部をピックアップして紹介! それぞれのお作法に対する全国の指導医からの熱いメッセージも掲載します。
書籍『病院ではコレが常識! 医師のお作法123』 好評発売中

 若手医師・医学生向けシリーズ書籍「日経メディカルCadettoブックス」の第1弾。病院の中で社会人としてうまく立ち回り、患者の前で医師らしく振る舞うために、最低限押さえておきたいお作法、123選。全国の指導医からの熱いメッセージを、『日経メディカル』編集部が総力を挙げてまとめました。(発行:日経BP、3520円[税込])

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ