「あー、これは、悲しい。悲しすぎる」

 やるせなさを感じた僕は、思わずカルテに向かってつぶやいていました。ある患者が救急外来に運ばれてきていたのです。

実現できなかった「穏やかな死」の画像