Cadetto.jpのロゴ画像

腹部エコー検査で映る「にせ臓器」から推察されるあの疾患

2022/05/23
松浦 宏樹(岡山市立市民病院総合内科)

 唐突ですが、本稿を執筆している今、映画「シン・ウルトラマン」の公開が間近に迫っています。既に公開されている予告動画では、ネロンガやガボラなどの怪獣が登場しており、映像はいずれも迫力満点でした。劇中の効果音も初代ウルトラマンからの音が使用されているようで、特撮ファンの一人として期待は日に日に高まり、仕事に手が付きません。なお予告動画からは他にメフィラス星人やザラブ星人と思われる宇宙人が登場することがうかがわれました。

 さて、ザラブ星人といえば、科学特捜隊のハヤタ隊員(ウルトラマン)を巧みに拉致監禁した上で、ウルトラマンと外見を似せた「にせウルトラマン」に変身して市街地を破壊することでウルトラマンにぬれぎぬを着せ、地球人とウルトラマンの関係性を悪化させようと試みた、ずる賢い宇宙人です。しかし、ウルトラマン程の戦闘力を有していなかったため、強力な光線技などは使用できず、脱出に成功したウルトラマンのスペシウム光線をもろに浴びて変身が解け、正体が露見してしまいました。今回の撮っておきClinical Picture!では「にせ」に関するクリニカルピクチャーをご紹介します。

著者プロフィール

松浦宏樹(岡山市立市民病院 総合内科)●まつうらひろき氏。2014年広島大学卒。三豊総合病院で研修を受けながら英文誌への掲載100本を目標にClinicalPicture投稿を開始(2018年12月時点で47本掲載済)、2019年より現職。趣味はダニ収集、アイルランド民謡、昭和の歌謡曲。

連載の紹介

撮っておきClinical Picture!
日々の診療の中で「診ているようで診ていない身体所見」や「診断に直結する特徴的な画像所見」を中心にご紹介します。「百聞は一見に如かず」を合言葉に、皆様の明日からの診療に少しだけ役立てば幸いです。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ