Cadetto.jpのロゴ画像

医師国家試験「で」振り返る

2021/01/29
きよすけ

 皆さん、こんにちは。2021年1月、31年間続いた大学入試センター試験に代替わりする形で、初めて「大学入学共通テスト」が行われました。今年の受験生は日本中がコロナ禍に包まれる中、新形式の試験を解かなければいけないなんて本当に大変だなと感じます。

 さて、テストといえば医師国家試験もそろそろです。今年は2月6、7日に第115回目の国試が行われます。ちなみに第115回と言っても、現在の医師国家試験は115年前から続くものではありません。1946年、今から75年前に第1回医師国家試験が行われ、最初の38年間は1年に2回のペースで行われていたため、115回も回数を重ねているそうです。

 というわけで今回の記事では自分が受けた医師国家試験の思い出を、当時の日記やツイートを基に振り返っていきたいと思います。

著者プロフィール

きよすけ●2020年に佐賀大学医学部を卒業し、都内の市中病院で研修を行う初期研修医。医師4人によるYouTuberグループ「東京ヒヤリハット」のメンバーであり、定期的な動画配信を行っている。

連載の紹介

研修医きよすけの「おのぼりさん日記」
都内で研修医として働くきよすけ氏は、大学卒業後に上京した、自称「おのぼりさん」。本連載では、福岡で生まれ佐賀で大学生活を送った著者が、上京して感じた地方と都心のギャップ、研修を通して得た学びなどを綴ります。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ